廣瀬光伸の共に踊る仲間作り

ダンスを始めた頃は恥ずかしくて一人で踊っていても、ちょっとずつ上手になってくると仲間と一緒に踊りたいと思えてくるものです。廣瀬光伸も実際そうでした。 いつまでも1人で踊っていてもつまらない、踊れるようになってきたから一緒にダンスする練習仲間がほしい、という気持ちがでてきます。 そこで、ダンスチームで踊りたいという気持ちも含めて、ダンスを通じた出会いづくりをしていく方法を紹介します。 まず、廣...

ダンスの練習に動画を利用する

曲に合わせて体を動かすというのは、シンプルそうですが実はかなり複雑な動作です。ましてや、見ている人をひきつけるようなダンスができるようになりたい場合、 しっかりと練習をすることが必要とされます。ダンスが上手になりたいなら、毎日の積み重ねが大切なのです。 ダンスを始めたばかりであればダンスをどう練習すればいいのかという悩みをもつ人は多いといえます。 1回に5時間練習するよりも、5日で1時間ずつ練習...

ダンススクールはどういうところ?

ダンススクールはスタジオと個人スクールに大別できます。スタジオにはたくさんのダンスジャンルがあり、インストラクターも在籍しており、 いろいろなジャンルのレッスンを受けることができます。申し込むことで、朝の部や昼の部、夜の部まで受けることもできます。 スタジオスクールのメリットは、いつでも好きな時に希望するレッスンが受けられることで、朝はジャズダンスをして、 昼はヒップホップをしたいと思えば希...

ダンスの練習と記録の重要さについて

ダンスが上手くなりたいけれどどうやって上手くなったらいいのかよくわからないという場合、次の3つのポイントを実践する方法があります。 1つ目は練習する機会を増やす、2つ目は、それを動画などの形で記録する、3つ目はたくさんよいダンスを見る機会を増やすということです。 ダンスをどう練習すればいいのかという点については、ダンスを始めたばかりであればこうした悩みをもつ人は多いといえます。 ダンスはとにかく...

廣瀬光伸が教えたいバレエで身につけるダンスの基礎

廣瀬光伸は、ダンスにはモダンダンスやジャズダンスなど様々なジャンルがありますが、それらのダンスの基礎はクラシックバレエにあると言っています。 しかし、ダンスとバレエは全然動き方が異なるのですが、バレエレッスンには、踊るための身体づくりの要素がたくさんあるのです。 例えば、子供にダンスを習わせたいと考えているのなら、まずはクラシックバレエを習わせることが奨められます。廣瀬光伸がそう言っているの...

ダンスを発表する為にやるべき事

スクールに通っていると、スクールでの発表会やイベントに出演する機会も沢山あります。わりと有名なスクールに通うと、大きな舞台で発表する機会があります。 廣瀬光伸大勢の人の前でダンスを踊るというのは大変良い機会になります。向上心が湧いてきますし、他のクラスのレベルを知る事も出来ます。 そうすると、自分のレベルというのがより鮮明に見えてくるので、とてもやる気が出ます。 振りや曲、衣装などはみんなで意...

廣瀬光伸のダンスの基礎トレ・アイソレーションとは

廣瀬光伸が考えるに芸能人やダンサーさんを見て憧れる人は多いと思います。 しかし、見様見真似で踊る事は出来ても、実際の振付には様々な動きが入っている為、1つ1つの動きを分析してみると、とても難しいものもあります。 なんとなく踊れればいいという人もいるかもしれませんが、本格的にダンスが上手くなりたければ、基礎の基礎から学ぶ必要があります。そして、廣瀬光伸にとってダンスに適した身体作りをする事が重要に...

廣瀬光伸のダンスの基礎練習で大切な筋力や柔軟性

廣瀬光伸がダンスを上達させ、また美しく見せるためには、基礎的な練習が欠かせません。この基礎トレーニングの反復、繰り返しによって、ダンスは上達していきます。 一般的に、ダンスの基礎的な要素として大切だといわれているのが、ダンスでキレのある動きをするための筋力です。たとえば、腹筋運動や腕立て伏せなど、基礎トレーニングをダンスの練習の合間にはさんでみるといいかもしれません。 あくまで、ダンスをするこ...

ダンスの魅力

ダンスの魅力は人ぞれぞれですが、多くのダンス愛好者に共通しているのが、体を動かす楽しみではないでしょうか。ダンスは、自宅でも、ちょっとしたスペースさえあれば、練習することができます。 これが、野球やサッカー、バスケットボールなどであれば、広い場所が必要になります。また、球技のように、周囲の安全を考える必要もありません。そうした場所の制約なく、気軽に体を動かすことができるのが、ダンスの魅力のひと...

ダンスの始め方

ダンスを始めるには、決まった練習場所や練習着などは必要ありません。ダンスをはじめるという意欲とやる気さえあれば、十分であるといえます。 ただ、ダンスのジャンルによっては、多少、練習方法も異なってきます。たとえば、社交ダンスやヒップホップ、ブレークダンスなど、ひとくちにダンスといっても、さまざまなダンスのジャンルがあります。 まずは、自分が挑戦したいダンスのジャンルを決めることからはじめてみては...