ダンスを発表する為にやるべき事

スクールに通っていると、スクールでの発表会やイベントに出演する機会も沢山あります。わりと有名なスクールに通うと、大きな舞台で発表する機会があります。
廣瀬光伸大勢の人の前でダンスを踊るというのは大変良い機会になります。向上心が湧いてきますし、他のクラスのレベルを知る事も出来ます。
そうすると、自分のレベルというのがより鮮明に見えてくるので、とてもやる気が出ます。
振りや曲、衣装などはみんなで意見を出しあうクラスもあるかもしれませんが、基本的には先生が決めてくれます。

練習はスクールにもよりますが、深夜練を行う場合もあり、休日に全体練習を行う事もあるので、発表会前は比較的忙しくなりますが、レッスンが増える分、上達も早くなります。

また、スクールに通うと、同じようにダンスを愛している仲間と出会えます。一緒にチームを組み、クラブなどのイベントに出演する事も出来ます。
発表会に比べて、自分の好きな曲を使い、自分たちで振付をし、衣装も好きなものを着られます。発表会よりは小さいステージになるかもしれませんが、観客の反応を肌で感じる事が出来るので、病みつきになります。
チームを組むにはスクールの生徒同士に限らず、友達とも組む事が出来ます。

さらに上を目指す場合はオーディションを受ける事も可能です。ダンサーになる為のオーディションもありますが、例えばディズニーランドのようなテーマパークのダンサーを目指すという方法もあります。
テーマパークでは日々人前でダンスを踊れるので、完全にプロダンサーとして成長していけます。
テーマパークのダンサーになるには、少々オーディションのレベルが高いので、その為のレッスンを1度受けてみるといいかもしれません。
テーマパークのダンサーを夢見て日々レッスンを受けている人も沢山いますので、倍率はやや高く、比較的難しいオーディションに入ります。オーディションは難しいですが、1度受けてみるのも大変勉強になります。

また、チームで活躍をしていて、チーム全体のレベルが高くなると、芸能人のバックダンサーとしてスカウトされる可能性もあります。
大きなホールでアーティストが行うコンサートに出演したり、テレビ出演も夢ではありません。
今はEXILEやE-girlsをはじめとしたダンスがメインのグループも沢山活躍しています。バックダンサーではなく、芸能人になって表に立ち、ダンスを披露するという事も可能です。

ダンスは人前で披露する事により、どんどん上達していきます。ダンスが少しづつ面白くなり、人前で披露したいと思うようになったら、
様々な機会を利用し、人から評価を受ける事で、さらに上を目指していけます。