廣瀬光伸の共に踊る仲間作り

ダンスを始めた頃は恥ずかしくて一人で踊っていても、ちょっとずつ上手になってくると仲間と一緒に踊りたいと思えてくるものです。廣瀬光伸も実際そうでした。
いつまでも1人で踊っていてもつまらない、踊れるようになってきたから一緒にダンスする練習仲間がほしい、という気持ちがでてきます。
そこで、ダンスチームで踊りたいという気持ちも含めて、ダンスを通じた出会いづくりをしていく方法を紹介します。

まず、廣瀬光伸がオススメするのはダンススクールに通ってみることです。ダンススクールはダンス仲間を作るのには最適ともいえる場所です。
ダンスが好きで上手になりたいという人が集まっているのがダンススクールです。また、ジャンルを決めたグループ作りもしやすいというメリットもあります。

しかし、いきなりグループを組もうと思っても、自身が初心者だと一歩引いた気持ちになったりする場合もあるのではないでしょうか。
そこで、ある程度レベルアップしてからのように廣瀬光伸グループ作りをしてみるということがいいかもしれません。

ダンススクールのメンバーは、ワイワイしながら踊るというのが楽しみという人も多いですので、すぐに仲間ができていっしょに踊れるようになるでしょう。
チームダンスに興味のある人がたくさん集まれば、練習に活気も出て、ダンスのバリエーションも広がりやすく、上達もしやすくなります。

全く未経験でも踊ってみたいという気持ちのある友人を集めてチームを結成し、大会参加を目標にがんばるのもおすすめです。
自身で練習のスケジュールを組んだりして、気の知れた友人たちとワイワイ試行錯誤しながら踊るダンスはとても楽しく上達できそうです。

イベントに出演するという目標などをもつと、より目的意識が明確になって、より練習に身が入りやすくなります。
十分に上手でなくても1度イベントに出演すると自信にもつながり、たくさんの新しい仲間の輪を広げることもできて、練習に対するモチベーションもアップします。

振り付けを考えたり、練習時間を合わせたりするというのがたいへんだったりしますがそれも仲間作りのいい思い出にもなります。
初級コースやエキスパートコースなど、ダンスする人のレベルに応じてグループ出演などを募集しているイベントもたくさんありますので、
普段の練習の発表の場として出場してみましょう。
ダンスを始めた頃は恥ずかしさから一人で踊っていても、ちょっとずつだんだん上手になってくると仲間と一緒に踊りたいと思えてくるものです。
いろんな機会を見つけながら、練習したことを仲間といっしょに発表してみましょう。