ダンスの始め方

ダンスを始めるには、決まった練習場所や練習着などは必要ありません。ダンスをはじめるという意欲とやる気さえあれば、十分であるといえます。
ただ、ダンスのジャンルによっては、多少、練習方法も異なってきます。たとえば、社交ダンスやヒップホップ、ブレークダンスなど、ひとくちにダンスといっても、さまざまなダンスのジャンルがあります。
まずは、自分が挑戦したいダンスのジャンルを決めることからはじめてみてはいかがでしょうか。ダンス初心者のうちは、もちろん、お近くにダンス教室などがあったほうが、ダンスを始めやすいといえます。
有料のダンス教室やスポーツジムなどでなくても、地域の公民館や体育館、公共の会館などでダンス教室、ダンスサークルなどが開催されていることもあります。

そうした情報は、自治体が発行している広報誌や、地域のミニコミ誌、または自治体のホームページなどに掲載されていることもあります。近くで気軽にダンスを習おうと思えば、
まずはそうしたダンス教室や、ダンスサークルにかんする情報を探してみるのもいいのではないでしょうか。

また、学生であれば、学校内にダンスのサークルがある可能性もあるので、まずは、そうしたサークルを探してみるのもひとつの手といえるでしょう。ただ、お近くにダンス教室やサークルなどがない場合もありえます。
そうした場合でも、最近では動画やDVDなどで、手軽にダンスの練習を始めることができるようになりました。たとえば、インターネットの動画サイトにも、ダンス初心者やダンス入門者向けの動画が公開されていることがあります。
また、インターネットの通販サイトでも、ダンス初心者向けのDVDなどが販売されています。そうした動画やDVDなどを参考にすれば、自宅でも、好きな時間に、好きな場所で練習することができます。

ダンスにじょじょになれてきたら、ぜひ、頭に入れておきたいことがあります。それは、ダンスの基礎トレーニングです。ダンスが上手に見えるためには、リズム感やボディバランス、筋力なども必要になってきます。
つまり、基礎的な体力がないと、なかなかダンスを上達させることはできません。また、体の柔軟性もダンスの上達には大切です。
ダンスをはじめて間もないうちは、こうした基礎的なダンスの要素に注意しながら練習するといいのではないでしょうか。
こうした基礎をじょじょに積み重ねていくことで、ダンスも上達していきます。